ビタミンC12時間浸透実現のハイブリッドなビタミンCの効能事実を知るサイト。

アスコルビン酸とはビタミンcのことです

      2016/03/04

アスコルビン酸とは別名ビタミンCと呼ばれている、水溶性ビタミンのことです。ふだんはビタミンCで目にする機会が多いと思いますが、食品の成分表示では化学名の「L-アスコルビン酸」として表記されているのを見たことがあるでしょう。

そもそもこのアスコルビン酸はどのような成分かというと、身体の働きを助けて調子を整えるもので、人間にとって必要不可欠な栄養素です。人間は体内でアスコルビン酸を作ることができないので、不足しないようにするには体外から取り入れる必要があります。

ビタミンには「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」の2種類があり、水溶性ビタミンは水に溶けやすく、脂溶性ビタミンは水に溶けにくく脂に溶けやすいという性質を持っています。アスコルビン酸は水溶性ビタミンのため、体外へ排出されやすい成分です。例えば運動をすれば汗とともに失われますし、アルコールを飲むことでも分解を助けるために消費されます。また、ストレスを跳ね返すメカニズムも有しているため、ストレスが溜まっていると通常の3~8倍もの量が体内でどんどん消費されます。

アスコルビン酸は日々の生活で失われていくものなので、こまめに摂ることが何よりも大切です。

アスコルビン酸は美容にも健康にも効果大!

fd401253

アスコルビン酸は身体のあちこちで活躍する成分です。身体への効果をまとめて紹介します。

  • コラーゲンの生成を促す
  • メラニンの生成を抑制する
  • 免疫機能を高める
  • アミノ酸の代謝に関わる
  • カルシウムの吸収と代謝に関わる
  • アレルギー反応によるヒスタミンの放出を抑制する
  • ストレスを軽減するホルモン生成を促す
  • タバコを無毒化する
  • アルコールの分解を手伝う
  • 鉄の吸収を高める
  • 糖の代謝に関わる

このようにアスコルビン酸には、健康と美容に良い影響をあたえてくれる効果がたくさんあります。肌を白くしたい、育毛したい、毎日の疲労を改善したい、皮膚の炎症を改善したいなど、さまざまな悩みの解消に期待ができるので、積極的に取り入れたいですね。

 - ビタミンC , , ,