ビタミンC12時間浸透実現のハイブリッドなビタミンCの効能事実を知るサイト。

コシのある健康的な髪をつくる、生活習慣とは?

   

年齢を重なるごとに増える髪の悩み。昔に比べ、ハリやツヤ、コシがなくなり、細くてパサパサの髪になってしまった…という人も多いのではないでしょうか? 長年にわたり繰り返したパーマやヘアカラー、ドライヤーや紫外線、喫煙やストレスなど、毎日、気が付かないところで、髪はダメージを受けています。

そこで、今回は、髪のダメージを把握し、コシのある健康的な髪をつくる秘訣をお話します。

代表的な髪のダメージの原因とは…

髪のダメージには、さまざまな原因があります。代表的なものに、科学的なダメージ、紫外線のダメージ、熱によるダメージ、ブラッシングによるダメージ、カットによるダメージが挙げられます。

科学的なダメージとは、パーマ剤やブリーチ剤によって、キューティクルが剥がれやすくなり、髪内部の栄養分が流失してしまうこと。紫外線ダメージは、肌と同じように、髪が日焼けをして火傷状態になること。紫外線を浴び続けることで、キューティクルが傷つき、メラニンが壊れ、髪色が少しずつ明るくなってしまいます。

熱によるダメージは、ドライヤーやホットカーラー、コテなどによるもの。たんぱく質で出来ている髪は、熱に弱く、タンパク変性や水分の蒸発によって弾力がなくなってしまいます。ブラッシングによるダメージは、過度なブラッシングで毛髪に摩擦がかかり、キューティクルが剥がれてしまうもの。

カットによるダメージは、切り口から髪の内部を構成するケラチンなどの間充物質(かんじゅうぶしつ)が流出しやすく、パサつきの原因に。

出典:http://www.demi.nicca.co.jp

 

健康的な髪をつくるには、生活習慣が重要!

髪のダメージを防いで、コシのある健康的な髪をつくるには、毎日の生活習慣が重要です。科学的なダメージを防ぐために、パーマやカラーリングは間隔をあけ、薬剤もなるべくマイルドなものを選ぶようにしましょう。毎日のドライヤーやブラッシングも、出来るだけ髪に負担がかからないように注意することが大切。

また、髪のUV対策も必須です。UVカット効果のある帽子や日傘、髪用の日焼け止めを使い、しっかりと紫外線をブロックしましょう。

その他にも、血行を悪くするタバコや、お酒の飲み過ぎ、睡眠不足には注意をして、育毛剤などをつかった頭皮マッサージを習慣にすることもオススメ。

栄養バランスのとれた食事、質の良い睡眠、適度な運動で頭皮の血行を良くするなど、規則正しい生活を心掛けましょう。

出典: https://www.makebeautifulhair-method.com

 

毎日の食生活で、美しく健康的な髪に

コシのある健康的な髪をつくるには、栄養バランス良く、多くの食品を食べることが大切。栄養素を多くとることで、毛髪の根元にある毛母細胞が活性化します。髪の主成分は、ケラチンという「タンパク質」なので、毎日の食事で大豆、卵、牛乳など、良質な『タンパク質』を摂取するように心掛けることも重要です。

その他にも、生牡蠣、いわし、高野豆腐など、タンパク質が髪になるのを助ける『亜鉛』を含む食べ物や、髪に必要なビタミンを豊富に含んだ“緑黄色野菜”もオススメ。ニンジン、カボチャ、ほうれん草、小松菜などの“緑黄色野菜”には、頭皮の健康を保つ『ビタミンA』、頭皮の代謝を促す『ビタミンB2』が多く含まれています。

また、野菜や果物にも負けないぐらい『ビタミンC』を多く含んでいる「焼き海苔」も、髪を健康に保つ食材です。コラーゲンの生成をサポートする『ビタミンC』は、健康な血管や頭皮の素となります。

毎日の食生活の中で、『タンパク質』、『亜鉛』、『ビタミン類』を豊富に含んだ食材を意識して、栄養バランスの良い食事を心掛けることが、健康な髪への第一歩です。

出典: https://hagelabo.jp

文・美容ライター 田中仁美

 - ビタミンC, 発毛・育毛 , , , , , ,