ビタミンC12時間浸透実現のハイブリッドなビタミンCの効能事実を知るサイト。

ビタミンCが疲労回復に効く理由とは?

      2016/03/04

fe9f02d1b4dfe5aa26f0c246606bfa36_s

ビタミンCは、美容面の効果でよく取り上げられていますが、疲労回復にもとても効果のある成分です。その理由として、次の効能が挙げられます。

1.副腎に働きかける

副腎はストレスに対抗するため、アドレナリンやノルアドレナリン、コルチゾールなどの副腎皮質ホルモンを生成します。副腎皮質ホルモンを生成するときには大量のビタミンCを消費するため、ビタミンCが欠乏すると副腎皮質ホルモンを充分に作ることができません。そこで、ビタミンCを身体に充分に補うことで副腎皮質ホルモンを活発に分泌し、血圧を上げて血中の糖分も増やします。その結果、発揮できるエネルギーが増大し、疲れを改善することができます。

2.脳疲労を改善する

疲れやだるさの原因のひとつには、貧血による酸素不足や血流低下が考えられます。特に、脳の血流低下と酸素不足は、全身疲労や倦怠感、無気力、集中力低下などを引き起こすため、日常生活への影響も大きくなります。ビタミンCは、それを摂取することで赤血球の生産を補助する作用があり、結果的に鉄分の吸収を助けて貧血を改善。疲労やだるさなどを予防・緩和することができます。

3.栄養素の吸収を助ける

pixta_15680812_S

ビタミンCには、疲労回復に効果のある鉄分やマグネシウム、カルニチンなどの吸収を高める作用があります。特に、中枢性疲労にも効果があるカルニチンの生成にはビタミンCは欠かせないものです。野菜に含まれる栄養素も、ビタミンCを一緒に摂取すると吸収率が向上して、身体への栄養をしっかり補うことができます。

慢性的な疲れにもビタミンCが効く

疲れがずっと続く慢性疲労症候群の患者の多くは、ビタミンCが不足しているそうです。また、喫煙者もビタミンCを多く消費することで身体の中では不足ぎみになります。なかなか疲労が改善しないと悩んでいる方は、ビタミンCを意識して多く摂ることが大切。野菜や果物などを購入後の新鮮なうちに、すぐ生のまま食べると、より多くのビタミンCを摂取することができます。

 - ビタミンC , ,