ビタミンC12時間浸透実現のハイブリッドなビタミンCの効能事実を知るサイト。

厚生労働省も認める育毛有効成分“アデノシン”とは。

      2017/12/23

出典:scalp-d.angfa-store.jp

「アデノシン」の育毛効果は、規医薬部外品有効成分として厚生労働省に認められています。では一体アデノシンとはどのような成分なのでしょうか?

アデノシンが薄毛に効くメカニズム

出典:biken-first.com

アデノシンを頭皮から浸透させると、毛乳頭細胞に直接働きかけ、発毛促進因子(FGF-7)を産生。毛母細胞に作用し、細胞が増殖します。その結果、発毛を促進させ、毛髪を太く長く育てます。薄毛になっている人はこの毛乳頭細胞が委縮し、発毛促進因子が非常に少なくなってしまっているそうです。また、アデノシンには血行をよくする作用もあります。毛根に酸素を供給し、髪に必要な栄養を届けてくれます。

アデノシンで、太くて強い髪を育てよう!

出典:aga.plus

日本皮膚科学会のガイドラインでは、男性にアデノシンを配合したローションと、配合していないローション(ニコチン酸アミド配合ローション)をそれぞれ約50名ずつ、1日2回、6ヶ月間使った結果の記述があります。前者のアデノシンを含むローションを塗った約50名には80%程の改善軽微も含むが見られ、また後者のアデノシンを含まないローションでは32%にとどまったという結果が出ています。また同じ実験で、細い毛の量が減り太い毛の量が増えたという【髪の太さの改善】が見られたと記されています。これは髪が育つ前に抜けてしまうのを改善できた結果です。(参照:日本皮膚科学会ガイドライン 男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版))

https://www.fc-hikaku.net/franchises/251

アデノシンは、もともと体内に存在する物質のため、副作用の心配も少ないといわれていて安心です。薄毛が気になっても、副作用が心配される成分は使いたくないですよね。大手化粧品メーカーも注目している成分、「アデノシン」で自身の髪を、太く長い毛に育てましょう。

 

 

アデノシンを含んでいる発毛促進剤「ビタブリッドCヘアー」

参考リンク:完全解明!ビタブリッドCヘアーがビタミンCで髪が生える全ロジック(論文解説多数)

 - 発毛・育毛 , , , , , , , , , , , ,