ビタミンC12時間浸透実現のハイブリッドなビタミンCの効能事実を知るサイト。

髪の悩みにアプローチするビタブリッドCのパワー

      2018/07/25

頭皮の悩みの原因はひとつではなく、とても複合的。その悩みの多くは、ビタミンCの働きと関連しています。

出典:ycswomen.com

記:幻冬舎ルネッサンス取材班

 

知っておきたい髪のメカニズム

男女ともに悩む、薄毛、抜け毛の原因は?

●生活習慣の乱れが毛髪サイクルに影響

髪には毛髪サイクルという、髪が生えてから抜け変わるまでの周期があります。この周期は約4~6年。しかし、毛髪サイクルが正常ではないと、髪の成長期が短くなり、髪は十分に育たず、細くて弱い毛が増えて薄毛の状態に。また、抜け毛が増加します。

出典:jun-bjsalon.com

その原因にはホルモンの影響や遺伝的な要素もありますが、生活習慣による頭皮環境の悪化が、深く関係しており、薄毛や抜け毛の進行を速めることになります。ストレス、疲労、睡眠不足、不規則で偏った食生活など。喫煙や過度な飲酒の習慣も悪影響を及ぼします。

最近、男女問わず、そして若い世代でも薄毛や抜け毛で悩む人が増えていますが、その原因には生活習慣が大きく関係していると考えられます。

 

<薄毛の原因となる乱れたヘアサイクル>

 

●栄養を運ぶ血管の老化が薄毛を招く

栄養バランスが乱れ、髪や頭皮の主成分となるたんぱく質や、皮膚や血管のしなやかさに大きく関わるコラーゲンの生成を助けるビタミンCなどの栄養が不足すると、髪を育む頭皮環境が悪化。毛細血管が細くなることで血流が滞り、また老化が進行すると、血液の流れない「ゴースト血管」になってしまい、新しい髪を生み出す毛母細胞に十分な栄養が行き渡りません

さらに、血管は老化するとまた、ストレスも交換神経を優位にし、これも血行悪化の原因に。髪に栄養を送ることが難しくなります。

 

<毛髪に栄養を運ぶしくみ>

 

●酸化によって頭皮環境が悪化

紫外線を浴びたり、ストレスなどの刺激は活性酸素を発生させ、酸化を招きます。喫煙や過度な飲酒も活性酸素を増やす原因に。活性酸素は、細胞膜にある脂質や皮脂を酸化させ、過酸化脂質を作り出し、細胞にダメージを与えます。

出典:mushibayaro.com

また、皮脂と角質が混じり合って毛穴を詰まらせる角栓も髪の成長を妨げたまる原因。この角栓が酸化すると菌が繁殖し、ニオイやかゆみ、吹き出物ができたりと、頭皮のトラブルを招くことになり、頭皮環境が悪化。毛髪サイクルが乱れ、健康な髪が生えにくくなってしまうのです。

 

●コラーゲンの減少が薄毛に関係

そして、最新の研究ではコラーゲンの減少が、細胞そのものにも影響があることが、わかってきました。

細胞分裂を繰り返し、毛を生み出す細胞となる毛包幹細胞。この細胞を保護する役目を持つのがコラーゲンなのです。しかし、コラーゲンが減少してしまうと、細胞は支えを失って小さくなり、皮膚表面に追いやられ、フケとなり剝がれ落ちてしまいます。細胞がなくなることで、毛穴も徐々に小さくなり、新しい髪が生えにくくなってしまうと考えられています。

 

<コラーゲン不足による薄毛のメカニズム>

コラーゲンは加齢とともに減少し、質も低下。頭皮環境が悪化することで、新陳代謝が乱れれば、さらに生成されにくくなり、薄毛や脱毛の進行を速めることになってしまいます。

<頭皮環境に悪影響を及ぼすさまざまな要因>

次回

薄毛・抜け毛の原因と、ビタミンCとの関係がお分かりいただけたでしょうか。
次回は、髪トラブルの悩みにアプローチするビタブリッドCのパワーについてご紹介します。

出典:vitabrid.co.jp

記:幻冬舎ルネッサンス取材班
『肌と髪のトラブルに新時代「ビタブリッドC」の知られざるパワー』より

 - 幻冬舎ルネッサンス取材班 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,