ビタミンC12時間浸透実現のハイブリッドなビタミンCの効能事実を知るサイト。

シワ・たるみ・乾燥やアトピーの肌トラブルにアプローチするビタブリッドCのパワー


Warning: Use of undefined constant ‘full’ - assumed '‘full’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/perfectblue/vitabrid.jp/public_html/wp-content/themes/stinger6child/single.php on line 42

      2018/08/24

「ニキビや毛穴の肌トラブルにアプローチするビタブリッドCのパワー」の記事に続き、肌の具体的な悩みに対し、その原因を探りつつ画期的な「ビタブリッドC」のアプローチについてご紹介します。

出典:litora.jp

記:幻冬舎ルネッサンス取材班

 

肌トラブル4 シワ・たるみ・乾燥肌

ビタミンCが、コラーゲンの生成を助け角層のバリア機能を強化

●加齢によってコラーゲンの量と質が低下

美しい肌とは、みずみずしく、なめらかでハリのある肌。しかし、年齢を重ねるとともに、肌はキメが乱れ、ハリが失われて、たるみが目立つようになります。また、肌が乾燥しやすくなり、みずみずしい印象が失われ、くすんで老け感を強調してしまいます。

出典:woman.mynavi.jp

肌のハリと弾力を生み出すのが、肌の真皮層にある線維状のコラーゲン。このコラーゲンが肌のしなやかさ、弾力を司り、肌をピンと張ったような状態に保ちます。しかし、コラーゲンは加齢の影響で皮膚の代謝が低下すると、量、質ともに減少。形が細くなったり、途中で切れてしまったりと、肌を支えることができなくなり、シワやたるみの原因となります。

<しわのない肌としわができた肌>

コラーゲンの量と質の低下は、紫外線やストレスも大きな原因になるそうです。活性酸素が生じてダメージを受け、肌の働きが衰えてしまいます。そして加齢や紫外線は、潤いを保つ働きを持つ角質層の「バリア機能」にも影響。代謝が衰え、肌のターンオーバーが滞ると、角層の細胞間脂質の主成分であるセラミドが不足。そしてバリア機能が弱まり、肌内部の水分を保持できなくなります。さらに「バリア機能」が低下することで、乾燥や紫外線によるダメージを受けやすくなります。

<年齢によるコラーゲンの減少>

 

●シワ、たるみ、乾燥肌へのビタミンCのアプローチ

シワ、たるみの悩みはつい「年齢だから」とあきらめがちですが、ビタミンCは、あきらめを希望に変える成分です。肌の弾力やハリの源となるコラーゲンの合成にはビタミンCが必要不可欠。

ビタミンCは、コラーゲンの合成が行われるときに必要な酵素の働きを助ける補酵素として働きます。加齢や紫外線、ストレスなどによって、コラーゲンの量も質も低下はしますが、ビタミンCによって、その働きをきちんとサポートすることで、肌のハリと弾力をキープすることはできます。

またビタミンCは、活性酸素を除去し、肌の代謝をアップ。そして、乾燥してバリア機能を強化することで、肌を乾燥や紫外線のダメージから守り、みずみずしい潤いをキープします。

<私たちの身体に不可欠なビタミンCの役割>

あらゆる肌の悩みに働きかけるビタミンCだからこそ、日々の暮らしの中で十分にビタミンCを摂取することが必要。「ビタブリッドC」なら、ピュアなビタミンCを守りながら、浸透するため、届けたい部分にしっかりとアプローチすることができます。

 

「ビタブリッドC」使用者の声

冬になると肌がしぼんで枯れたような印象に。たっぷり保湿をしても効果をなかなか感じられなかったのですが、「ビタブリッドC」を使うようになって、若いときのようなハリを感じます。(女性・40代)

「ビタブリッドC」は、カサついた部分に使っても、ヒリヒリした刺激がなく気に入っています。乾燥するとかゆみや赤みが出やすいのですが、肌の状態が落ち着き、しっとり柔らかに。(女性・20代)

 

肌トラブル5 アトピー肌

ビタミンCによって活性酸素を除去し、肌環境を整える

●大人のアトピーも増えている?

アレルギー反応の一種であるアトピー。かゆみや赤みを伴うことが多く、とくにかゆみを我慢することは大人でも難しく、我慢できずに掻いてしまい、悪化や慢性化させてしまうことがあります。かゆみが気になると、ストレスもたまり、ますますかゆくなってしまうという悪循環に陥りがち。勉強や仕事が手につかず、気分も沈みがちになり、それがまたストレスとなります。

出典:life-rhythm.net

ひどい人の場合、メイクや肌の出る服装を避けたり、外出を控えたり、おしゃれする気持ちや、普段の付き合いにも影響。通常は成人に向かうにつれて快方へと向かう人が多いのですが、思春期を過ぎてもなかなか治らない人や、大人になってから発症する人もいます。

アトピーの発症メカニズムは、まだ解明されていないことも多いのですが、かゆみや赤みには、活性酸素が関係あるとされています。活性酸素によって過酸化脂質が増殖すると、細胞を攻撃し、肌のバリア機能を破壊。その結果、肌はホコリや大気汚染、紫外線、乾燥など、外部からの刺激を受けやすくなり、肌の機能を著しく低下させてしまいます。シミやくすみ、シワ、たるみ、乾燥などのダメージを引き起こしやすくなり、肌の老化を加速させることにもつながります。

そして加齢や紫外線は、潤いを保つ働きを持つ角質層の「バリア機能」にも影響。代謝が衰え、肌のターンオーバーが滞ると、バリア機能が弱まり、肌内部の水分を保持できなくなります。さらに「バリア機能」が低下することで、乾燥や紫外線によるダメージを受けやすくなります。

 

●アトピー肌へのビタミンCのアプローチ

アトピーの発症には、体質と環境が大きな要因となっていると考えられていますが、未解明な部分が多いため、ビタミンCのアトピーに対する効果は、正式に認められてはいません。しかし、皮膚に直接ビタミンCを塗って、治療を試みるクリニックもあり、「効果的なケア手段のひとつ」として、その有用性は注目されています。

まずビタミンCには、かゆみを引き起こす物質であるヒスタミンの生成を抑制。かゆみを軽減することで、アトピー状態とかゆみの悪循環を断ち切ることに期待ができます。ビタミンCには、抗ストレスの働きがあることにも着目。しっかりとビタミンCを摂ることで、ストレスに負けない肌へと導きます。

出典:ashiyaselabo.com

そして活性酸素の除去やコラーゲン生成をサポートする働きも、とても重要。バリア機能の鍵を握るセラミドの合成を促すことで、バリア機能を強化。乾燥や紫外線、大気汚染、ホコリなどの刺激から肌を守り、さらなるトラブルが引き起こされるのを阻止します。「ビタブリッドC」はビタミンCミネラル(亜鉛)のシンプルな構造であり、肌への刺激も少ない成分。アトピーで悩んでいる人も、毎日のケアとして取り入れやすいものになっています。

 

「ビタブリッドC」使用者の声

アトピーが出てかゆく、ヒリヒリした肌に使っても刺激はありませんでした。3週間ちょっと使用していますが、ゴワつく肌も、やわらかになったように感じ、毎日のケアが楽しみになりました。(女性・10代)

「ビタブリッドC」は薬じゃないということから、副作用はないと安心して使っています。使い続けるうちに、肌が落ち着き、夜、かゆみに悩まされて眠れないということも少なくなりました。(男性・30代)

次回

シワ・たるみ・乾燥やアトピーの肌トラブルにも効果的なビタミンC。このビタミンCの持つ機能を最大限に発揮してくれるのが、肌の奥まで継続して長時間浸透する「ビタブリッドC」なのです。

次回は、髪の悩みにアプローチするビタブリッドCのパワーについてご紹介します。

出典:h2o-e.co.jp

記:幻冬舎ルネッサンス取材班
『肌と髪のトラブルに新時代「ビタブリッドC」の知られざるパワー』より

 - 幻冬舎ルネッサンス取材班 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,