ビタミンC12時間浸透実現のハイブリッドなビタミンCの効能事実を知るサイト。

老け顔の原因は、目の下のクマ!? ビタミンCコスメで緊急ケア

   

頬をなでる風も冷たくなり、本格的に秋らしくなってきました。運動の秋、食欲の秋、芸術の秋と、ついつい夜更かしをしてしまう秋の夜長…。

pixta_14193107_s

気が付いたら、目の下にクマがっ!なんて人も多いのではないでしょうか。目の下にクマがあると、疲れて見えたり、老けて見えたり、マイナスな印象を与えてしまいますよね。そこで、今回は、美肌の大敵、クマの改善方法についてお話します。

目の周りは皮膚が薄く、とてもデリケート!

顔の中でも、沈んで見えやすい目元の肌。目のまわりに、たくさんの毛細血管が張り巡らされており、皮膚が薄いため血液の色が透けて見えやすく、肌色に影響を及ぼしやすいのが大きな原因のひとつです。

fotolia_96196589_xxl

目の下だけでなく、まぶたのくすみが気になるという人も多いのではないでしょうか。実は、まぶたの皮膚も非常に薄く、皮脂腺が少ないため、乾燥しやすい部位。こすったりする刺激により、色素沈着を起こしやすく、くすんで見えやすいのです。

クマは、大きく分けて3種類!

クマには、原因別に分けて大きく3つの種類があります。血行不良が原因の「青グマ」、色素沈着が原因の「茶グマ」、たるみや皮膚のへこみが原因の「黒グマが代表的です。

鏡 / クマを気にする女性

クマを改善するには、それぞれの症状に合わせたケアを行うことが大切です。血行不良が原因の「青グマ」には、マッサージや目元を温めたりするなど、血行を促進させることが重要。ただし、こすりすぎたり、強く刺激しすぎてしまうと、色素沈着を起こして「茶グマ」の原因になってしまうので要注意。

“ビタミンC”で肌本来の力を蘇らせる

色素沈着が原因の「茶グマ」には、“ビタミンC”が配合された美白化粧品を使ったケアがオススメです。
“ビタミンC”には、コラーゲンの合成をサポートする働きがあるので、たるみや皮膚のへこみが原因の「黒グマ」のケアにも効果的です。肌にハリを与えるコラーゲンの量が増えれば、肌に元気が戻り「黒グマ」悩みも解消できるはず。

アイケア・ミドル女性

また、どのタイプのクマには共通して言えることですが、十分な睡眠、バランスの良い食生活、適度な運動など、規則正しい毎日を過ごすことが大切です。クマのない明るい目元で、秋の新色アイメイクを楽しんでみては!

出典:http://www.skincare-univ.com

文・美容ライター 田中仁美

serchgoogle




 - 美白・美肌 , , , ,