ビタミンC12時間浸透実現のハイブリッドなビタミンCの効能事実を知るサイト。

紫外線へのビタミンCの驚くべき効果

      2016/05/06

紫外線による老化に、ビタミンCがどう役立つかご存知ですか?部分的にビタミンCを塗ることで、紫外線対策に驚くべき効果があることがわかりました!スイスのチューリッヒ大学病院のPumori Saokar Telang教授の論文をもとにご紹介します。

 

img-know-how024-01出典:r-yakuzaishi.net

 

ビタミンCを直接肌に塗ることが望ましい理由とは?

fd401303

ビタミンCといえば、フルーツや野菜など食べて補えるものです。しかし、食べるビタミンCは、消化の過程で溶けやすいことが特徴です。そのため、たくさんのビタミンCを食べても、その全てが体に吸収されるわけではないのです。さらに、ビタミンCは体のさまざまな臓器で使われるため、肝心なお肌にまで行き渡らないことも多いのです。お肌のケアのために、ビタミンCを肌に直接塗ることが望ましいのはこのためです。

 

紫外線による酸化を防ぐビタミンC

l_2015-8-8_bc018a01ef3c2ed154f2f67927eff7ae出典:m3q.jp

紫外線にはUV-AとUV-Bのおもに2種類存在します。UV-Aはコラーゲンやエラスチンその他の真皮細胞を変異させたり破壊したりし、日焼けやシミなどの肌トラブルを招きます。また、UV-Bは日光皮膚炎や表皮の突然変異、皮膚がんを招きます。ビタミンCは、UV-AとUV-Bどちらにも効果を発揮する抗酸化成分です。

 

日焼け止めにビタミンCを”ちょい足し”する新発想

11-3出典:slism.net

紫外線を防ぐためなら、単純に日焼け止めだけ塗ればいいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし日焼け止めを塗っても、老化に繋がるフリーラジカルは55%しか防げません

そこでオススメなのが、日焼け止めとビタミンCを組み合わせて塗ることです。ビタミンCは紫外線を吸収しないだけでなく、フリーラジカルを中和し、紫外線をブロックする力があるのです。

  

コラーゲン合成を促進するビタミンC

紫外線対策にはコラーゲンの生成も必要不可欠です。ビタミンCは、コラーゲンを生成する成分でもあります。臨床研究により、ビタミンCを塗ることによって、若い人と高齢者の両方の皮膚のコラーゲン生成を促進できることがわかりました。

 

ビタミンCは、日焼けによるシミやソバカスの色を薄くする効果も

sns_db164844-41a7-46f1-88fb-ff630454e555出典:nicoly.jp

さらにビタミンCは、シミやソバカスのもとになるメラニン形成の重要段階を中断させる脱色素物質でもあります。大豆や天草等の他の脱色素物質と組み合わせることで、脱色素効果を高めることができます。またさらに、ビタミンCは創傷治癒の促進、および炎症後の色素過剰防止に薬効を発揮するとも言われています。

 

継続的に塗ることで最大の効果を発揮するビタミンC

19

ビタミンCを持続的に蓄積するため、ビタミンCを8時間毎に定期的に塗布する必要があります。紫外線光は組織内ビタミンC値を低下させるため、紫外線を浴びる前でなく、浴びた後にビタミンCをお肌に塗ることで、最大の効果が得られます

 

まとめ

ビタミンCは強力な抗酸化物質ですが、紫外線による老化防止対策にも最適です。また安全性も非常に高いのも嬉しいですね。ビタミンCは、皮膚病治療にも役立つ成分として期待されています。日焼け対策にぜ取り入れてみてください。

◼︎参考文献:スイスのチューリッヒ大学病院 Pumori Saokar Telang教授による論文

 - 美白・美肌